屋根リフォーム

長持ちする
屋根葺き替え工事なら
お任せください!

すべての屋根に対応します!

スレート(コロニアル)
アスファルトシングル
トタンなど金属屋根
瓦屋根

雨漏りの心配が一番なくなる工事
屋根葺き替え工事のメリット

長期的にメンテナンスコストは安い

屋根材の種類 目安となる年数
瓦屋根 50年
スレート屋根 30~40年
金属屋根 20~50年

屋根は10年に一度のペースで塗装などのメンテナンスが伴います。しかし、葺き替えの場合は、メンテナンスコストが安く済むため、長い目で見れば得になることもあります。
また、雨漏りの心配が一番なくなる工事とも言えますね。

屋根葺き替えで地震に強い家に

日本瓦は耐久性が高く、屋根材として非常に優れていますが、重量が重いという欠点があります。屋根材が重いと、建物の重心が高くなり、揺れが大きくなってしまいます。
そこで、近年は瓦屋根からスレートや金属への葺き替えを希望される方が増えています。軽い屋根材なので、建物の重心が低くなり、耐震性を高めることができます。

30坪の住宅の例
瓦屋根の重さ約6t 金属屋根の重さ約600kg 屋根の重さが1/10になります。

雨漏りが起きてからでは、工事費用は高くなります。

そうなる前に、早めの点検をおススメします

屋根の葺き替え工事は、既存の屋根を剥がし、新しい屋根に葺き替える工事です。屋根のリフォーム工事の中でも、一番メリットが多い工事でもあります。
ただ、費用もその分高くはなります。しかし、今後のメンテナンスを考えると、安くつく場合もありますので、屋根の状況とお客様のご要望を伺ったうえでご提案しております。

屋根葺き替えは、
こんな時におススメしています

既存の屋根材が瓦屋根の場合

瓦屋根の場合には、カバー工法が使えないため、屋根葺き替え工事をオススメしています。(瓦屋根の部分メンテナンスでは、基本的に瓦の差し替えなどの対応になります。)
また、屋根カバー工事ができない太陽光発電を搭載した屋根も、葺き替えして、ソーラーパネルを載せ替える対応になります。

屋根材の劣化が激しい場合

一般住宅に多く見られる、スレート(コロニアル)屋根や金属屋根には、屋根カバー工事が可能ですが、経年劣化の激しい場合には屋根葺き替えをおススメしています。
屋根の野地板など、下地部分が劣化していた場合は、まず下地部分の補修が必要です。また、劣化が進んでいると、新しい屋根材を固定する釘やねじが効かないケースもあります。

カラーベスト・コロニアルの葺き替え ガルバリウム鋼板への葺き替え
屋根材本体とその施工費用 4,000~5,000円/㎡ 5,500~7,500円/㎡
既存屋根の撤去・廃棄 2,000~3,000円/㎡ 2,000~3,000円/㎡
下地工事(増し張り) 2,000~3,500円/㎡ 2,000~3,500円/㎡
防水シート(ルーフィング) 500~1,000円/㎡ 500~1,000円/㎡
役物工事(部位別) 1,000~3,000円/m ※ 1,000~4,000円/m ※
合計(消費税込) 10,000円~15,000円/㎡位 12,000円~18,000円/㎡位
その他に掛かる費用 雪止め、発生廃棄物・搬入費・諸経費・足場代など
※軒先水切り、棟包み、ケラバ、雨押え、壁捨て板など屋根の形状や内容により異なります。

既存の屋根材を重ねて施工
屋根カバー工法とは?

屋根カバー工事は、既存の屋根材の上に重ねて屋根を施工する方法で、重ね葺き工事ともいわれています。
屋根カバー工法はすべての屋根に施工できるわけではなく、瓦屋根などの場合はカバー工法ではなく、屋根葺き替えとなります。
屋根カバー工法は、屋根塗装よりもコストはかかりますが、耐久性が高く、屋根葺き替えより低コストでできるため、近年人気が出ている工事方法です。

カバー工法ができる屋根と
できない屋根

スレート(コロニアル)

スレート屋根にガルバリウム鋼板を重ね葺きする工事が最も多くご依頼頂きます。

アスファルトシングル

こちらもガルバリウム鋼板ほかに、アスファルトシングルでカバーでもできます。

トタンなど金属屋根

カバー工法は可能ですが、屋根そのものの劣化が進んでいるとおススメできません。

瓦屋根

カバー工法そのものができません。基本的には葺き替え工事のご提案となります。

屋根葺き替えとカバー工法
の違い

 屋根葺き替えカバー工法
耐久性〇 高い
(耐用年数は屋根材による)
〇 高い
(野地板などに腐食があると要葺き替え) 
耐震性〇 高い
(金属屋根だと軽くできる)

(既存の屋根に被せるので重くなる)
遮音・断熱△ 屋根材による〇 高い
(屋根が2重になるため)
廃材処分必要不要
工期△ 長い〇 短い
費用△ 高め
(カバー工法の1.2~1.5倍)
〇 安い

屋根の劣化が進んでいるときは葺き替えをおススメしています

屋根の野地板など、下地部分が劣化してた場合は、まず下地部分の補修必要です。
また、劣化が進んでいると、新しい屋根材を固定する釘やねじが効かないケースもあります。安易にカバー工法を勧める業者にはご注意ください。

屋根葺き替えについて

「貫板」と「ねじ釘」にまでこだわります!

屋根の点検をすると、棟板金を固定する釘の浮きや抜けをよく見かけます。
いくら新しい屋根材を張っても固定する貫板、ビスが浮いてしまうと、強風で飛ばされたり、再施工が必要になります。

貫板は、耐久性に優れた樹脂製の貫板で、釘などの抜けがなくなります。さらに、ねじもスクリュービス(SUSビス)を使い、災害にも劣化にも強い屋根工事を提供しております。

屋根カバー工法の費用について

ガルバリウム鋼板への葺き替え

屋根材本体とその施工費用5,500~7,500円/㎡
下地工事(増し張り)※12,000~3,500円/㎡
防水シート(ルーフィング)500~1,000円/㎡
役物工事(部位別)※21,000~4,000円/m
棟板金3,500円~5,000円/m
合計(消費税込)7,000円~12,000円/㎡位

※1 下地工事(増し張り)が不要の工事もございます。詳しくはお問い合わせ下さい。
※2 軒先水切り、棟包み、ケラバ、雨押え、壁捨て板など屋根の形状や内容により異なります。

屋根材ごとのメーカー保証期間

商品メーカー穴あき保証備考
スーパーガルテクトアイジー工業25年超高耐久ガルバ
スーパーガルテクトフッ素アイジー工業25年超高耐久ガルバ
横暖ルーフαニチハ25年超高耐久ガルバ
横暖ルーフαプレミアムニチハ25年超高耐久ガルバ
スマートメタルケイミュー25年超高耐久ガルバ
エコグラーニディートレーディング30年天然石粒付き仕上げ
Tルーフリクシル30年天然石粒付き仕上げ
スカイメタルルーフ伊藤忠建材50年天然石粒付き仕上げ ※1
ロフティ田島ルーフィング10年防水保証

※1 31年目から保障負担率が低減

東京都練馬区・武蔵野市のお客様の声

施工事例

お問い合わせ・
お⾒積もりはコチラから

うちは塗装が本当に必要?いくらくらいかかるの?相⾒積もりだけど⼤丈夫?

24時間365⽇受付中!

メール問い合わせ
どんなご質問もお答えします!